よりよい保険を選ぶために利用できるサポートとは

危険性の高い病気

入れる保険が注目される理由

毎年、日本人の死因のトップをひた走るのがガンです。年齢性別の差がなくかかるのがこの病気ですが、他の病気とちがって治療が長期に及び、またその費用も高額になることから、末代までの財産を食いつぶす病気だと言われています。 そのためにはガン保険に入っておきたいところですが、一度かかってしまうと、もう保険には入れないというのが通例でした。しかし、最近は引受基準緩和型と呼ばれるものが登場し、ガンを経験した人でも入れる保険が次々に取り扱われるようになりました。 申し込みは窓口でもできますし、資料請求をした後、郵送でも可です。またインターネットでの申し込みもできるようになり、指示に従って記入するだけで審査を経て加入できます。

お金を気にせず治療に専念できる

先述したように、ガン治療は治療費が高額になりがちです。通常の保険では対応できず、また治療を断念するわけにもいかないので、当人はもちろん、家族も頭を悩ませてしまいます。入れる保険なら、入院保険や手術保険にくわえて、通院保険や入退院時に一時金が支払われます。これなら安心して治療に専念することができます。 また、入れる保険は追加補償として女性特有のガンも取り扱っているので、女性の方は万が一にそなえて加入する人も多いようです。 ただ、通常のガン保険に比べて、入れる保険は割増になっている上に、いくつかの条件を満たす必要があるので、そういったことを事前に問い合わせするなどして、確認しておいたほうがいいでしょう。

» ページのトップへ戻る